2009年12月28日

中野美奈子アナ『とくダネ!』で結婚生報告 「幸せいっぱいで頑張る」

来年3月に交際中の医師と結婚することを26日に発表したフジテレビの中野美奈子アナウンサーが28日、自身が出演する同局系『情報プレゼンターとくダネ!』で結婚を生報告した。番組冒頭に「単独独占インタビューです」と意気込む司会の小倉智昭から話題を振られた中野アナは、緊張で顔を赤らめながら現在の心境を「幸せいっぱいで頑張っていきたいです」と語った。

第6回「好きな女子アナ」ランキング、中野美奈子アナが初の1位

 出会いのきっかけやお相手の男性について、小倉から鋭く突っ込まれた中野は、「そこまで話さなくちゃいけないんですか・・・」と困惑しつつも丁寧に受け答えた。交際開始は「一年ちょっと前」でお相手の男性は「友人の姉の旦那の後輩」。同じ職業(医師)である父親と「考えが似ている」という。「お相手はイケメン?」の声には「そうですね。(雰囲気は)佐藤浩市さんと名倉潤さんと森山直太朗さんを足して3で割った感じです」と答えるなど、幸せいっぱいだった。

 プロポーズは今年春くらいに男性からされており、その言葉はストレートに「結婚していただけませんか?」とのこと。これを受けて中野アナは「はい、わかりました」と答えたと明かす。また先日、一部で結婚が報じられた際、直後に出演した同番組では否定していたが、これについては「(関係各所に)きちんとあいさつしなくちゃいけないのが、出来ていなかったので・・・言葉が出なくて申し訳ありませんでした」と頭を下げた。http://j-soho.net/0621/

 またこの日、同番組に先駆け放送された同局系『めざましテレビ』では、番組OGの中野アナのおめでたい話題を出演者たちが揃って祝福した。高島彩アナは「うれしいですよね」と顔をほころばせながら、面識があるというお相手の男性について「イケメンですし、すごく優しい方」とコメント。「“めざまし”から巣立つと良いんですかね?」と自身の結婚願望もチラリのぞかせつつ、披露宴では嬉しくて大泣きしてしまうのでは?という声に「心配です」と不安げに話し、笑いを誘っていた。
posted by スカイバード at 18:22| 福島 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『紅白』のステージで倖田來未&misonoが姉妹共演

大みそかに行われる『第60回 NHK紅白歌合戦』で歌手・倖田來未と、その妹のmisonoが共演することが27日、同局より発表された。「2009紅白 KODA SPECIAL」と題したメドレーで出場する倖田は、「Lick me●」(●はハートマーク)と、misonoと共に姉妹デュエット曲「It’s all Love! 」を披露する。

【写真】今年は『東京ガールズコレクション』でも姉妹共演

 このほか、今年6月に急死したマイケル・ジャクソンさんを追悼する特別ステージが行われることも発表された。人気グループ・SMAPをはじめ、出場歌手有志によるパフォーマンスが展開される。なお同ステージの振付は、マイケルさんのあらゆるステージを手掛け、「This Is It」ツアーでも共にショーを創り上げた、トラヴィス・ペイン氏が来日して行う。

 『第60回 NHK紅白歌合戦』は“歌の力 ∞ 無限大”をテーマに31日後7:15より過去最長の4時間半(5分間のニュース中断含む)にわたり放送される。http://j-soho.net/0621/
posted by スカイバード at 18:19| 福島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

小室哲哉、復帰第1作やしきたかじんに提供

今年5月に詐欺事件で有罪判決を受け、執行猶予中の音楽プロデューサー、小室哲哉(51)の“復帰第1作”は、歌手でタレントのやしきたかじん(60)の新曲になることが25日、分かった。

【写真で見る】 小室哲哉、出直しライブ!KEIKO号泣

 現在、小室は来年50人のアーティストに提供する楽曲作りに励んでいるが、判決後、具体的なリリースが明らかになるのは初めて。関係者によると、新曲は「たかじんの泣き節を生かしたバラード。タイトルは未定でレコーディングもまだだが、来年春ごろに発売になる」という。作詞は秋元康氏(53)が担当し、たかじんにとって、7年ぶりのシングルCD発売となる。

 きっかけは、7月に大阪を元気づけようと有志が集まって結成された任意団体「OSAKAあかるクラブ」。キャプテンを務めるたかじんが、同クラブのテーマソングを親交のある秋元氏に依頼した。同氏は過去に、小室と組んで堀ちえみ(42)や原田知世(42)の楽曲を提供したことがあり、たかじんは「ぜひ、作曲は小室さんに!」と関係者を通じ、小室が所属するエイベックスにラブコールを送っていた。

 同クラブは“町おこし”の意味合いがあり、大阪府民のため、さまざまな場で歌い継がれていく。社会を騒がせた小室にぴったりの“復帰曲”になりそうだ。http://j-soho.net/0621/
posted by スカイバード at 10:29| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。